アパアパチャンネル

ファッション関係の2chをまとめているブログです!

    カテゴリ: ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 20/04/09(木)10:17:50 ID:Tve
    「私は中国人ではない」Tシャツ  中国憤慨

    http://naver.me/Go6NRcNG

    コロナ19の震源地として知られる中国をはじめ、アジアの人々に対する人種差別が激しくなり、自分は中国人ではないと表現したTシャツが登場した。中国のネチズンらは、ある種の人種差別だと反発している。

    7日、中国官営「グローバルタイムズ」によると、今月5日、台湾のツイッターでは「私は中国人ではない」と書かれたTシャツ写真を数枚上げた。写真の中のTシャツには「私は韓国人だ。中国人ではない」「私は台湾人だ。中国人ではない」「私はマレーシア人だ」などのフレーズが書かれていた。

    このツイッターは、Tシャツの写真と共に「アジア人が自分を守る服」と書いた。

    先月13日にも、また別のツイッターが「アジア人だが、中国人と誤解されないようにするには”クソくらえ中国(FuckChina)”というスローガンを掲げよ」と書き、人種差別という非難を浴びた。

    【日本人が海外で差別されなくなる魔法のTシャツがついに登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/04/08(水) 14:18:43.53 ID:m96SW5jv9
    ◯point

    ・宇宙の年齢と同じ時間使っても1秒以下の誤差しか出ないという、最高精度の原子時計の開発に成功した

    ・この時計を東京スカイツリーの地上階と展望台に設置したところ、両者が10億分の4秒ズレることが確認された

    ・このような短い高低差で一般相対性理論の重力による時間の縮みの効果を確認したのは人類初の快挙

    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

    現在、一秒という時間を定義しているのは高性能なセシウム原子時計です。この時計は5000万年使っても1秒しか狂わないという、世界で最高性能の時計でした。そう、これまでは…。

    東京大学と理研の共同研究グループは、そんなこれまでの原子時計の精度を2桁も更新する超高性能原子時計の開発に成功しました。

    それは『光格子時計』と呼ばれていて、18桁の精度を持ち、100億年使っても1秒以内の誤差しか出ません。

    宇宙誕生のときから使い続けても1秒程度しかズレないという、とんでもない精度です。

    そして、この高性能な原子時計を使えば、基本的に宇宙スケールでしか確認できない一般相対性理論の効果が、日常のレベルで検証できるのです。

    この時計を使って測定した結果、なんと東京スカイツリーの展望台は、地上より10億分の4秒時間が早く流れていることが確認できたのです。

    ︎┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
    引用ここまで。全文は下記よりご確認ください。
    https://nazology.net/archives/56027

    【【2ch】「スカイツリー」は地上より10億分の4秒速く時間が流れていた!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/31(火) 09:19:54.50 ID:CTH92h220● BE:886559449-PLT(22000)
    スジの強烈な黒一色ファッション、赤のリップが映える魅力

    女優のペ・スジが、黒一色の服装に赤のリップでポイントを付け、強烈ではつらつとした魅力を振りまいた。

     ペ・スジは30日、写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム」に、
    「#もうすぐ #なーんだ #なんでしょう」という書き込みと共に動画を1本掲載した。

     公開された動画でペ・スジは、幾つかのポージングを披露している。これで、撮影中だろうということが推測できる。

     ペ・スジはチューブトップのミニドレスにジャケットという服装で黒一色のファッションを披露。
    さらに赤のリップでポイントを付け、魅力をアップした。

     現在ペ・スジは、ナム・ジュヒョク、キム・ソンホと共にtvNドラマ『スタートアップ』、
    映画『ワンダーランド』(キム・テヨン監督)出演が確定している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00080007-chosun-asent
    no title

    【【画像】 ペ・スジ、強烈な黒一色ファッションで魅了】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/04/05(日) 10:33:57.70 ID:Mt0v1u2Q9
    中国での新型コロナウイルスの感染拡大が報じられると、世界中が日本にこのような視線を向けていた。
    「日本は中国の隣国。経済的交流が深い。
    両国間の人の往来も盛ん。あっという間に感染爆発するだろう」と──。

    しかし、欧米諸国がウイルスの脅威に直面したいま、世界各国はその予想が間違っていたことを認めざるを得なくなった。
    日本国内では、新型コロナ対策に関して批判や不満の声が上がっているものの、世界的には「感染抑制に成功している国」と評されている。日本における死者数は、世界各国に比べると圧倒的に少ないのだ。

    3月31日17時現在、日本の死者数は56人。人口10万人あたりの死者数は0.04人。
    一方、他国に目を向けてみると、イタリアは死者数1万779人で人口10万人あたりの死者数は17.79人、スペインは死者数7354人で同15.64人。比較にならないほど開きがある。

    日本で起きているこの“事態”を、海外メディアは驚きをもって報じている。

    ドイツの公共メディア『ドイチェ・ヴェレ』は、3月25日に「中国に近いにもかかわらず、日本では大規模な感染が発生していない。
    日本人は感染拡大を遅らせるために何をしているのだろうか?」という主旨の特集を展開した。
    その中で、「握手や頬にキスをする代わりにお辞儀をする日本の挨拶、幼少期から教えられている基本的な衛生教育などが、感染を遅らせる役割を果たしている」と分析。
    手洗い、うがい、マスクの着用は日本人にとって日常生活の一部であり、新型コロナが発生する前から当たり前の習慣として根付いていることに、大きな注目を寄せている。

    「手洗い、うがいなんて、どこの国でも日常的にやっていることなんじゃないの?」

    と思う人もいるだろう。東京外国語大学教授の篠田英朗さんが解説する。

    「欧米では、手を洗える場所そのものが少ない。日本なら公衆トイレがあちこちにあるし、公園にも水道の蛇口がある。
    日本のように少し探せば手を洗える場所が簡単に見つかるような国は、欧米にはそうそうありません。“手を洗うためには、家に帰るしかない”のです。

    また、日本人は水がない場所では、ウエットティッシュで手を清潔に保つ人も多い。こうした衛生用品を持ち歩くのも、日本人以外ではあまり聞いたことはありません。マスクをするという習慣も、欧米人にはないことです」

    日本人の当たり前が、感染抑止につながっていると考えられる事例はほかにもある。

    自宅で靴を脱ぐ文化は、欧米に比べて室内にウイルスを持ち込むリスクが低く、公共の乗り物の中で私語を慎む行為は、飛沫感染を防ぐことにもつながっている。

    ※女性セブン2020年4月16日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200403-00000009-pseven-soci
    4/3(金) 16:05配信

    前スレ                 2020/04/03(金) 19:06
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1586045277/

    【日本人の習慣がコロナ感染回避につながっている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: すゞめ ★ 2016/02/24(水) 03:19:06.61 ID:CAP_USER*.net
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00317125.html
    02/24 02:00

    no title


    日本でも人気のあるアメリカのブランド「クロムハーツ」の偽物のアクセサリーを密造していた疑いで、タイの工場が警察に摘発された。
    タイ中部で22日、捜索を受けたのは、人気ブラド「クロムハーツ」の偽物アクセサリーなどを製造していた工場。
    タイ警察によると、タイ人のオーナーは、日本の専門誌を見るなどして、クロムハーツのコピー商品を作っていた疑いが持たれていて、多くが日本に密輸されていたとみられる。
    捜索は、日本の警察から提供された情報をもとに、日本のクロムハーツの関係者立ち会いで行われ、タイ警察は押収したプラスチック製の型やコピー商品の分析を進めている。

    関連板のご案内
    ファッション http://peace.2ch.net/fashion/


    【【国際】「クロムハーツ」偽アクセサリー密造の疑い】の続きを読む

    このページのトップヘ